ジェイセルファーストジェルの効果は効かない?配合成分から検証します

ジェイセルの容器とジェル

 

ジェイセルファーストジェルは整肌因子が豊富に含まれているヒト幹細胞培養液が配合されています。

 

加齢や乾燥などで低下した肌のコンディションを元気してくれるチカラが詰まっています。

 

「年齢肌や乾燥肌を何とかしたい!」と思っているなら、ジェイセルファーストジェルを試してみて下さい。

 

 

初回1,980円!(先着1000名限定)

 

※キャンペーンが終了している場合はリンク先がエラーになります

 

 

 

再生医療研究から生まれた美容ジェル

ヒト幹細胞培養液配合ジェル「ジェイセルファーストジェル」

 

ジェイセルファーストジェルは最新の再生医療研究から生まれた美容ジェルです。

 

ヒト幹細胞に培養液が配合されている点が大きな特徴です。

 

最近注目されている成分ですが、簡単に説明すると『ヒトの脂肪細胞から抽出された幹細胞が培養の際に分泌する分泌液』のことです。

 

私たちの身体は無数の細胞によって作られています。

 

健全な状態を維持するためには、古い細胞から新しい細胞に絶えず入れ替わったり、ダメージを負った細胞を修復する必要があります。

 

この細胞が入れ替わったり修復したりする際に機能するのがヒト幹細胞なのです。

 

ヒト幹細胞培養液は整肌因子を500種類以上も含有しています。

 

優れた浸透力があるため、肌の深層部まで到達して働きかけます。

 

 

 

 

日本人のヒト幹細胞培養液を配合

高品質のヒト幹細胞培養液を使用

 

ジェイセルファーストジェルでは、国立大学の再生医療研究センターで培養した上質なヒト幹細胞培養液を配合しています。

 

幹細胞コスメではヒト由来だけでなく、動物由来や植物由来のものも存在します。

 

それぞれの特徴は下記のとおりです。

 

<ヒト由来の幹細胞コスメ>
ヒト(人間)の幹細胞を培養したときに分泌されるペプチド成分を生成して作られます。

 

さらにヒトの脂肪から抽出した『ヒト由来脂肪由来』のものと、ヒトの線維芽細胞から抽出した『ヒト繊維芽細胞由来』のものがあります。

 

ジェイセルファーストジェルでは『ヒト由来脂肪由来』が採用されています。

 

 

<動物由来の幹細胞コスメ>
動物由来の幹細胞化粧品の主な原料としては、羊のプラセンタが有名ですね。

 

羊の幹細胞は、ヒトの幹細胞に近いという特徴があるために採用されるケースが多いです。

 

 

<植物由来の幹細胞コスメ>
この3つの中で1番簡単に幹細胞を抽出できるのが植物由来です。

 

最近ではモロッコに自生しているアルガンツリー(リンゴ)の新芽から抽出した幹細胞が注目されています。

 

植物由来のものはリーズナブルな価格で手に入りやすい一方で、上記のヒト由来ほどの効果は期待できません。

 

 

日本人のヒト幹細胞培養液のメリット

さらにジェイセルファーストジェルでは、日本人のヒト幹細胞培養液を配合しています。

 

従来は韓国や台湾などのアジア人のヒト幹細胞培養液を利用していましたが、日本人のヒト幹細胞培養液を使用することで、あなたの肌質との親和性に優れていて、効果も高まります。

 

ヒト幹細胞培養液が持っている肌本来の再生力を利用してアプローチすることによって、シワやたるみのない若々しい肌に導くことが期待されています。

 

 

 

ヒト幹細胞培養液の効果・作用

ジェイセルファーストジェルの効果

 

ジェイセルファーストジェルでは500種類以上の整肌因子の培養液が配合されていますが、その中でも特に注目したいのが下記の6種類です。

 

EGF、FGF、VEGF、HGF(ヒトオリゴペプチド-14)、IGF(ヒトオリゴペプチド-21)、TGF-β(カプリオイルテトラペプチド-3)

 

これらの因子の培養液が働きかけて、肌細胞の再生と修復のスイッチを入れてくれます。

 

気になるシワやたるみを細胞レベルからアプローチします。

 

最近の研究で、幹細胞自体を利用するのではなく、幹細胞が分泌する成分(培養液)を利用した再生医療が注目されています。

 

この幹細胞から抽出される成分が幹細胞培養液です。

 

 

EGFの働き

EGF(Epidermal Growth Factor)は、日本語で『上皮成長因子』と訳されます。

 

1962年にアメリカの生物学者スタンレー・コーエンに発見された成分です。

 

化粧品に配合する場合は『ヒトオリゴペプチド-1』と記載されています。

 

EGFは元々私たちの身体にも存在しているタンパク質で、肌を整える役割があります。

 

体内の新陳代謝を活性化させて、肌のターンオーバーの周期を正常化してくれます。

 

 

年齢を重ねるにつれて減少していきます

しかし20代後半から年齢を重ねるにつれてEGFは減少していきます。

 

体内のEGFが減少していくと、細胞の再生能力が低下していき、ターンオーバーのスピードが遅くなって肌の老化が進行していきます。

 

肌の老化を食い止めるためには、EGFの量を維持することが重要になります。

 

肌表面の角質層には、このEGFを受け取るための受容体『EGFR』が備わっています。

 

このEGFRと結びつくことによって、本来持っている細胞の再生を促します。

 

そのため、肌の上からジェイセルファーストジェルを塗り込むことでEGFをキャッチすることができるのです。

 

<検証実験>
泌尿器系疾患の被験者に対して尿中に含まれるEGF濃度をEIA法で測定しました。

 

その結果、年齢とともにEGFが減少する傾向が確認できました。

 

男女とも20代をピークに減少していき、50歳以上では男性が3分の1以下、そして女性では10分の1以下になりました。

 

【参考記事】
泌尿器系疾患における尿中,血漿中および組織中Epidermal growth factor量の検討

 

 

FGFの働き

FGF(Fibroblast Growth Factor)は日本語で『線維芽細胞増殖因子』と訳されます。

 

真皮層に存在する成長因子で、真皮幹細胞に指令を出して線維芽細胞を増殖させる働きがあります。

 

FGFが減少すると、肌の弾力が衰えてきて、シワやたるみの原因となります。

 

肌の老化は線維芽細胞の老化と直接的に繋がっています。

 

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを活性化させることで肌のハリを回復させて、シワやたるみの改善が期待できます。

 

VEGFの働き

VEGF(Vascular Endothelial Growth Factor)は日本語で『血管内皮増殖因子』と訳されます。

 

脈管形成や血管新生に関与する一群の糖タンパクのことです。

 

血管を新しく作り出したり、既存の血管を修復したりするなど、内皮細胞増殖の活性化において重要な役割を担っています。

 

私たちの身体は血液から栄養を受け取って正常に機能します。

 

肌細胞にもしっかりと栄養を供給することで、いつまでも若々しい肌を維持することができます。

 

 

 

HGFの働き

HGF(hepatocyte growth factor)は日本語で『肝細胞増殖因子』と訳されます。

 

化粧品に配合する場合は『ヒトオリゴペプチド-14』と記載されます。

 

文字通り肝細胞の中で一番強力な増殖因子で、肝臓の再生を促す働きがあります。

 

肝臓以外の腎臓や脾臓、肺など多くの臓器にも存在しています。

 

また、皮膚の修復においても重要な成分で、基底膜の若返り効果で肌のキメを整える効果も期待できます。

 

 

 

IGFの働き

IGF(Insulin-like Growth Factor)は日本語で『インスリン様成長因子』と訳されます。

 

化粧品に配合する場合は『ヒトオリゴペプチド-21』と記載されます。

 

インスリンに非常によく似た構造を持っている増殖因子で、成長ホルモンによって肝臓や他の組織で産生されます。

 

ダメージを受けた細胞の再生をサポートして、皮膚を再生させる働きがあります。

 

新しい皮膚の細胞を生み出して、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成を促します。

 

そのため、肌のハリを回復させて、シワやたるみの予防と改善に効果を発揮します。

 

【参考記事】
IGF-1とは?

 

 

TGF-βの働き

TGF-β(Transforming Growth Factor-β)は日本語で『トランスフォーミング増殖因子』と訳されます。

 

線維芽細胞において、コラーゲンとエラスチンを生成する際に欠かせない因子です。

 

また、コラーゲンやエラスチンの構造を強化する働きや、肌に潤いを与えて弾力を高める作用も期待できます。

 

その他にも抗炎症作用もあり、肌荒れの悩みを抱えている場合にもおすすめです。

 

【参考記事】
TGF-βとその受容体

 

 

初回1,980円!(先着1000名限定)

 

※キャンペーンが終了している場合はリンク先がエラーになります

 

 

 

浸透力アップ!久米島の海洋深層水を使用

海洋深層水

 

ジェイセルファーストジェルでは使用する水にもこだわっています。

 

一般的な水道水ではなく、久米島の沖2.3km・水深612mから汲み上げられる海洋深層水を採用しています。

 

「海洋深層水を使ったところで大して違いはないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、それは間違っています。(キッパリ)

 

 

海洋深層水を使用するメリット

久米島沖から汲み上げられる海洋深層水は雑菌が少ないだけでなく、私たちの健康に欠かせないミネラルがバランス良く配合されています。

 

人間の皮膚にはバリア機能があり、質細胞間脂質のセラミドが重要な役割を果たしています。

 

そしてミネラル水にはセラミドの合成を促す働きがあることが分かっていて、皮膚のバリア機能を高める効果が期待できるのです。

 

さらに海洋深層水に含まれているイオン成分は、人間の体液に類似していると言われています。

 

そのため、人工的に作られる無機塩のイオン成分よりも肌の馴染みが良くて、浸透力に優れています。

 

化粧品やスキンケア製品に使用されている水は一番重要な基剤です。

 

ジェイセルファーストジェルはこの水にもしっかりとこだわっているところが嬉しいですね!

 

 

 

 

その他の配合成分の効果・作用

 

ジェイセルファーストジェルには上記のヒト幹細胞培養液だけでなく、さまざま成分が配合されています。

 

水溶性プロテオグリカンの効果

鮭

 

鮭(サケ)の鼻軟骨から抽出されたコアタンパク質に1本以上のグリコサミノグリカン(酸性ムコ多糖)が結合した水溶性の複合糖質のことです。

 

保水作用

プロテオグリカンはヒアルロン酸に匹敵するほどの保水効果があります。

 

ヒアルロン酸よりもベタつかないので、サラッとした使用感となっています。

 

プロテオグリカンのコアタンパク質はグリコサミノグリカン糖鎖が共有結合した糖タンパク質です。

 

そのグリサミノグリカン鎖群にはスポンジのように水を含む性質があります。

 

 

コラーゲン・ヒアルロン酸の生成促進作用

さらにコラーゲンやヒアルロン酸の生成促進作用があります。

 

プロテオグリカンの添加量に応じて、T型コラーゲンとヒアルロン酸が増加することが分かっています。

 

そのため、肌に浸透させることで、ハリのある健やかな肌に保つ効果が期待できます。

 

実際のヒト試験においても皮膚弾力改善やシワ改善、色素沈着低下などが確認されています。

 

【参考文献】
弘前大学プロテオグリカンネットワークス(2012)「直接塗っても得られる肌のアンチエイジング効果」奇跡の新素材プロテオグリカン,148-154.

 

 

プエラリアミリフィカ根エキスの効果

プエラリアミリフィカ

 

プエラリアミリフィカは東南アジアのタイ北部に自生しているマメ科の植物です。

 

地元のタイでは『白ガウクルア』と呼ばれていて、若返りの薬として重宝されています。

 

プエラリアミリフィカには多くの植物性エストロゲン(ミロエストロールやデオキシミロエストロール、プエラリン、ダイゼイン、ゲニステイン、ダイジン、ゲニスチンなど)が含まれています。

 

この植物性エストロゲンは私たちの身体に存在するエストロゲンと似ている構造や性質があります。

 

 

女性らしい肉体を作る

エストロゲンは女性ホルモンの一種なので、女性らしい肉体を作り上げる作用があります。

 

しかし、年齢を重ねるにつれてエストロゲンの分泌量は徐々に低下していきます。

 

体内のエストロゲンが減少することで、月経異常や更年期障害、骨粗鬆症などのリスクが増加します。

 

特に加齢による老化が気になり始める年代では、積極的に植物性エストロゲンを摂取したいですね。

 

 

 

リンゴ果実エキスの効果

リンゴ

 

リンゴはバラ科リンゴ属の落葉高木樹です。

 

私たちにもなじみ深い果実の一つですが、実はさまざまな効果が期待できる果実なのです。

 

疲労回復作用

リンゴにはクエン酸が含まれています。

 

クエン酸は体内でエネルギー代謝をする際にクエン酸回路を作り出しますが、その時に中心的な枠割りを担います。

 

クエン酸回路を機能させることで疲労物質が分解されていき、疲労回復効果が期待できます。

 

 

美肌効果

リンゴにはプロシアニジンというポリフェノールの一種が含まれています。

 

プロシアニジンには優れた抗酸化作用があり、体内の活性酸素を抑える働きがあります。

 

シミやそばかすができる主な原因はメラニン色素です。

 

メラニン色素は活性酸素によって生成が促されるため、プロシアニジンの抗酸化作用で、メラニン色素の生成が抑制されて、美しい肌を保つことができます。

 

 

 

カミツレ花/葉エキスの効果

カミツレ

 

カミツレ(カモミール)はヨーロッパ原産のキク科の植物です。

 

花にはリンゴのような甘い香りがします。

 

精油(ビサボロール、カマズレン)やテルペンアルコール、フラボノイド類(アビゲニン、ルテオリン)、アズレンなどが含まれています。

 

抗炎症作用

カミツレに含まれているカマズレンには、ニキビや湿疹、皮膚炎などの炎症を鎮める効果があります。

 

さらに精油成分のビサボロールには抗炎症作用や抗菌作用、保湿作用などがあるので、多くの化粧品やスキンケア製品に配合されています。

 

<検証実験>
人工機器を装着したことによって皮膚が長期間炎症を起こした患者72名に対して、カモミール抽出物を28日間塗布しました。

 

14日後には炎症部分の改善が見られ、炎症部分の痛みや痒みなどの症状が緩和されました。

 

この結果から、カモミールには抗炎症作用や抗アレルギー作用があることが確認できました。

 

【参考記事】
Using chamomile solution or a 1% topical hydrocortisone ointment in the management of peristomal skin lesions in colostomy patients: results of a controlled clinical study.(英文)

 

美白効果

メラニン色素の生成を促すエンドセリンの働きを抑える作用もあります。

 

そのため、シミを予防したり、日焼けした肌を修復する効果が期待できます。

 

 

ハチミツの効果

ハチミツ

 

ハチミツは蜜蜂(ミツバチ)が花から集めた蜜のことです。

 

蜜蜂は自分たちの蜂の巣に蜜を蓄える習性があるので、蜂の巣からハチミツを収集します。

 

ハチミツには糖分(グリコースやフルクトース、オリゴ糖など)やビタミン類(B1やK、ナイアシンなど)、ミネラル類(鉄や亜鉛、銅など)、グルコン酸などが豊富に含まれています。

 

 

美肌効果

肌に関しては美肌効果が期待できます。

 

亜鉛には新陳代謝を促す働きがあるため、肌細胞のターンオーバーを促進することによって、健康な肌を維持することができます。

 

抗酸化作用のあるナイアシンも含まれているため、肌の炎症を抑えて美しい肌を維持してくれます。

 

その他にもハチミツには抗菌作用や保湿作用があり、肌に塗り込むことで肌荒れや乾燥肌の予防・改善効果があります。

 

<検証実験>
ヒト皮膚細胞(表皮ケラチノサイト)にマヌカハニーを投与したところ、細胞の新陳代謝促進酵素( cyclin-dependent kinase 2, focal adhesion kinase, and rasGAP SH3 binding protein 1)が活性化したが確認されました。

 

この結果によって、マヌカハニーには新陳代謝促進や創傷再生促進効果があることが判明しました。

 

【参考記事】
Epithelial mesenchymal transition traits in honey-driven keratinocyte wound healing: comparison among different honeys.(英文)

 

 

加水分解コラーゲンの効果

コラーゲンはタンパク質の一種で、私たちの身体を構成している全てのタンパク質の中で約30%も占めています。

 

主に細胞同士を結びつける働きがあり、皮膚や骨、内臓などのさまざまなところに存在しています。

 

通常のコラーゲンは分子サイズが大きくて、肌に浸透することが難しいというデメリットがありました。

 

ジェイセルファーストジェルでは、加水分解されたコラーゲンを採用することで、浸透力を高めています。

 

 

美肌効果

肌に関しては美肌効果が期待できます。

 

コラーゲンは肌の真皮層に存在していて、エラスチンやヒアルロン酸と一緒にアプローチをして、肌のハリや弾力を作り出します。

 

真皮層の線維芽細胞によって生成されますが、年齢を重ねるにつれて線維芽細胞の働きが衰えてきて、コラーゲンの生成も減少していきます。

 

そのため、ハリのある肌を維持するためには、コラーゲンを積極的に補給することが大切になります。

 

<検証実験>

UV‐B誘発性皮膚損傷のある被験者に対して1日あたり0.2gのコラーゲンペプチドを摂取してもらったところ、紫外線照射による皮膚の障害が緩和されたことが分かりました。

 

コラーゲンが紫外線保護作用を有していて、肌の健康維持に重要な役割を果たすと解説しています。

 

【参考記事】
Effects of collagen peptide ingestion on UV-B-induced skin damage.(英文)

 

 

グリチルリチン酸2Kの効果

甘草

 

グリチルリチン酸2Kとはマメ科の植物の甘草(かんぞう)という植物の根や茎から抽出されるグリチルリチン酸にカリウムを結合させて作られる成分です。

 

ジェイセルファーストジェルにはカンゾウ根エキスが配合されていますが、このグリチルリチン酸2Kと同じ効果・作用が期待できます。

 

抗炎症作用・抗アレルギー作用

グリチルリチン酸2Kには炎症やアレルギーの発症を抑える働きがあります。

 

ジェイセルファーストジェルのようなスキンケア製品に使用される場合は、抗炎症作用や抗アレルギー作用を期待して配合されています。

 

さまざまな成分を配合していても、グリチルリチン酸2Kの抗炎症作用・抗アレルギー作用によって肌の状態を正常に保つことができます。

 

また敏感肌でも安心して使用することができるメリットもあります。

 

<引用>
グリチルリチン酸ジカリウム(DPG)は、神経ペプチドであるサブスタンスPによる神経成長因子の遺伝子発現上昇を抑制したことにより、敏感肌の特徴的状態である知覚過敏反応を抑制できる可能性が示された。

 

また、敏感肌を対象にした臨床試験では、0.2%DPG配合製剤は乳酸によって誘導されるかゆみに対する違和感に対して改善傾向が認められた。

 

これらの結果から、DPGは種々の敏感肌の人に対して改善作用を有する可能性が示唆された。

 

【参考記事】
敏感肌に対するグリチルリチン酸ジカリウムの有効性

 

 

初回1,980円!(先着1000名限定)

 

※キャンペーンが終了している場合はリンク先がエラーになります

 

 

 

リソークリニックでも採用されています

リソークリニックの公式サイト

 

ジェイセルファーストジェルは再生医療に特化したリソークニックで利用できる『美顔はり』の施術に導入されています。

 

リソークリニックは再生医療に特化したクリニックで、帝国ホテル内にあります。

 

 

 

はりを顔に一定のリズムで細かく浅く打つことによって、傷を修復する肌の作用を利用して、皮膚の生まれ変わりを促していきます。

 

その際にジェイセルファーストジェルが使用されています。

 

もちろん痛くはありません。熟練のワザを駆使して痛みに弱い方でも安心して受けられるようです。

 

 

 

 

即効性あり!塗った60秒後にピーンと上がる

ジェイセルの使用後の効果

 

ジェイセルファーストジェルの人気の秘密は『即効性』です。

 

肌に塗ってから60秒後にはピーンと上がってきます(驚)

 

公式サイト内では60秒後の変化画像を公開しています。

 

実際に画像を見てみると分かりますが、しっかりと引き締まっている感じがしますね。

 

ぜひあなたもこのピーンと上がる感覚を体験してみて下さい^^

 

 

毛穴の引き締め効果は3ヶ月を目安

使った瞬間からモチモチ感を得られますが、小鼻などの毛穴はまだ目立ちます。

 

毛穴の引き締め効果や、ほうれい線・たるみを改善する効果を実感するためには、3ヶ月程度は使い続ける必要があります。

 

さらにジェイセルファーストジェルを使い続けると、実年齢よりも若く見えるくらいに肌のチカラが戻ってきます。

 

 

 

ジェイセルが効かない・効果なしと感じる理由

鏡を見る女性

 

ジェイセルファーストジェルは非常に効果のある導入美容液ですが、中には「効かない」「効果なし」と感じる方もいます。

 

それらの理由を探していくうちに、下記の3点にまとめられました。

 

  • 毎日使っていない
  • 使い方が間違っている
  • 体質に合っていない・個人差がある

 

毎日使っていない

まず一つ目がジェイセルファーストジェルを毎日使っていないと、効果を実感することは難しいです。

 

塗った瞬間からモチモチ肌を実感することができますが、毛穴の引き締め効果などは毎日使い続けなければ実感できません。

 

「毎日仕事が忙しくて、ケアをする時間がない」かもしれませんが、あなたの肌のためにも毎日継続して塗り込むようにしましょう。

 

 

使い方が間違っている

ジェイセルファーストジェルを毎日使っているにも関わらず、期待しているような効果を実感できないのは、使い方が間違っている可能性があります。

 

導入美容液なので、他の化粧品を使う前に使用して下さい。

 

その他の注意点は下記のページで詳しく解説しています。

 

⇒ ジェイセルファーストジェルの使い方や使うタイミングを徹底解説

 

 

体質に合っていない・個人差がある

ジェイセルファーストジェルを正しい使い方で毎日使い続けても、効果を実感できない場合もあります。

 

その場合はあなたの体質が配合成分に合っていない可能性があります。

 

また、他の方々と比較して変化が現れてくるのが遅いケースもあります。

 

まずは3ヶ月程度毎日使い続けてみて下さい。

 

それでも一向に変化が現れない場合は、他の導入美容液に切り替えることも検討しましょう。

 

 

【初回1,980円!(先着1000名限定)】
J.CELL ファーストジェル
⇒ ヒト幹細胞を利用した美容液Jcell モニター募集中!

 

※キャンペーンが終了している場合はリンク先がエラーになります

 

page top