ジェイセルファーストジェルの副作用や健康被害はなし!敏感肌は注意しよう

ジェイセルの容器とジェル

 

ジェイセルファーストジェルでは副作用や健康被害の心配はありません。

 

配合されている成分は全て安全性が確認されています。

 

敏感肌の場合は事前に少量を塗ってみて、問題がないことを確認してから本格的に使用しましょう。

 

 

初回1,980円!(先着1000名限定)

 

※キャンペーンが終了している場合はリンク先がエラーになります

 

 

 

ヒト幹細胞培養液の副作用・安全性を解説

高品質のヒト幹細胞培養液を使用

 

ヒト幹細胞という言葉を聞いて、「ガンの原因になるのではないか?」と心配になるかもしれませんが、そのような恐れはありません。

 

実際に幹細胞の一種のES細胞やiPS細胞の安全性が不透明で、発ガン性のリスクがあると言われています。

 

つまり、ガンが進行しているES細胞やiPS細胞を肌に着床することで、ガンが発症するリスクが高まります。

 

しかし、ジェイセルファーストジェルに使用されているのはヒト幹細胞から抽出された培養液です。

 

ヒト幹細胞自体は配合されていないので安心して下さい。

 

また、動物由来や植物由来の幹細胞培養液ではないので、私たち人間との親和性が高いので肌が拒否反応を示す恐れもありません。

 

<引用>

元となるiPS細胞がどのように作製されたかなどは,企業秘密で明かされることもなく,分化誘導法も統一されておらず,分化後の培養条件も定かではない。さらに薬理実験方法や使用する薬物などにも違いがあるために,実験間での結果の比較が困難であり,本当に毒性試験や薬理試験に応用できるだけの細胞の特性を有しているのか,判断することができなかった。

 

【引用記事】
心血管系安全性薬理試験:日本の今後の方向性 関野 祐子 一般社団法人日本不整脈心電学会 2014

 

 

日本人のヒト幹細胞培養液の使用で安全性が高い

 

一般的には韓国人や台湾人などのアジア系のヒト幹細胞培養液を採用している製品が多いです。

 

海外から送られてくるヒト幹細胞培養液を使っているので、どのような人物から採取して作られたのかが分かり難いです。

 

その一方で、ジェイセルファーストジェルでは日本人のヒト幹細胞培養液を採用しています。

 

また、どのような過程を経てヒト幹細胞培養液が作られたのかも明確になっています。

 

最初に日本の国立大学で脂肪組織を採取します。

 

そして付属する再生医療研究センターで脂肪組織由来幹細胞に分離させたものを培養し、そこから抽出した上質な培養液を使用しています。

 

トレーサビリティがしっかりとしているので、より安心して使用することができます。

 

 

 

久米島の海洋深層水の安全性を解説

海洋深層水

 

ジェイセルファーストジェルでは通常の水道水ではなく、久米島の海洋深層水を使用しています。

 

そもそも海洋深層水とは、水深200メートル以上の海水のことを指します。

 

太陽の光がほとんど届かない場所なので、年回を通じて水温もほとんど変化しません。(※9.5℃程度の水温を維持)

 

海洋深層水の大きな特徴の一つとして、『安全性』が挙げられます。

 

 

表層水よりも安全です

 

産業排水や生活排水などで汚染された水は河川や海へと流れ込みますが、これらの影響を受けるのは表層水です。

 

さらに大気汚染や酸性雨の影響を受けるのも表層水です。

 

また、海洋深層水は水温がほとんど変化しないため、細菌や有機物が繁殖することができないので、清浄性の優れた水を採取することができます。

 

実際に表層水と比較して大腸菌の量が数100分の1しか存在していません。

 

 

 

初回1,980円!(先着1000名限定)

 

※キャンペーンが終了している場合はリンク先がエラーになります

 

 

 

その他の配合成分の安全性をチェック

 

ヒト幹細胞培養液や久米島海洋深層水以外に配合されている成分の安全性に関して解説していきます。

 

水溶性プロテオグリカンの安全性

鮭

 

プロテオグリカンとは、タンパク質に糖が結合した糖タンパク質の一種です。

 

鮭(サケ)の鼻軟骨(氷頭)から抽出したコアタンパク質に、1本以上のグリコサミノグリカン(酸性ムコ多糖)が結合した水溶性の複合糖質のことです。

 

鮭などの生体内に存在する成分なので、安全性は高いです。

 

また、安全性試験においては健康な成人10人(男性5人、女性5人)を対象にして、サケ鼻軟骨由来のプロテオグリカンを1日あたり600mg、5日間にわたって継続して経口摂取してもらう実験が行われました。

 

気になる試験結果ですが、臨床上問題となる影響が認められなかったことが報告されています。

 

 

 

プエラリアミリフィカ根エキスの安全性

プエラリアミリフィカ

 

プエラリアミリフィカは東南アジアのタイなどに自生しているマメ科の植物です。

 

プエラリアミリフィカの根部分には女性ホルモンと同様の働きをする植物性エストロゲン(デオキシミロエストロールやミロエストロールなど)が含まれています。

 

植物性エストロゲンを体内に摂取し過ぎると、ホルモンバランスが崩れて健康被害を及ぼす恐れがあると指摘されています。

 

但し、プエラリアミリフィカの副作用は健康食品(サプリメント)における場合です。

 

 

スキンケア製品に配合されている場合は安全です

ジェイセルファーストジェルのように、肌に塗り込む製品の場合は気にする必要はありません。

 

実際にプエラリアミリフィカを配合しているスキンケア製品では健康被害の報告はありません。

 

 

 

リンゴ果実エキスの安全性

リンゴ

 

バラ科植物のリンゴの果実から抽出されたエキスです。

 

糖類(ブドウ糖、果糖、ショ糖)や多糖類(ペクチン、ペントサン、ガラクトアラバン)、ソルビトール、有機酸類(リンゴ酸、クエン酸)、フラボノイド類(クエルセチン)、タンニンなどが含まれています。

 

リンゴ果実エキスに関する皮膚刺激性および眼刺激性はほとんどありません。

 

また、皮膚感作性(アレルギー性)の報告もないため、安全性に問題のない成分だと言えます。

 

<in vitro試験による検証>

正常なヒト表皮角化細胞によって再構築された3次元培養表皮モデル(EpiDerm)を用いた検証が行われました。

 

角層表面にリンゴ果実エキスを20%含む製品を塗布したところ刺激性は確認されず、非刺激性成分に分類されました。

 

【参考文献】
Safety Assessment of Apple-derived Ingredients as Used in Cosmetics 2016

 

 

カミツレ花/葉エキスの安全性

カミツレ

 

カミツレはキク科の植物で、カモミールやジャーマンカモミールと呼ばれることもあります。

 

精油(ビサボロール、カマズレン)やテルペンアルコール、フラボノイド類(アビゲニン、ルテオリン)、アズレンなどが含まれています。

 

カミツレ花/葉エキスの安全性に関しては、海外の検証実験で安全だと結論付けています。

 

<検証実験>

健康な107名の被験者を対象にした検証実験が行われました。

 

背部肩甲骨の間に0.4%のカミツレ花エキスを含むアイローションを誘導期間において週3回(合計9回半)の閉塞パッチ適用して、その反応は24時間後(週末は48時間後)に評価しました。

 

2週間の未処置期間の後に背部未処置部位に24時間チャレンジパッチを適用して、パッチ除去48時間後と72時間後に皮膚反応をチェックしたところ、試験期間中に皮膚反応は確認されませんでした。

 

これらの結果を踏まえて、カミツレ花エキスを0.4%含有したアイローションは皮膚刺激や皮膚感作誘発の有意な症状はなかったと結論付けています。

 

【参考記事】
Amended Safety Assessment of Chamomilla Recutita-Derived Ingredients as Used in Cosmetics

 

 

ベントナイトの安全性

ベントナイトは無機高分子の親水性粘土鉱物のことで、天然のコロイド性含水ケイ酸アルミニウムです。

 

化粧品に配合される場合は、ヒンヤリとした使用感やゲル形成力があります。

 

ジェイセルファーストジェルのプルンッとした感触を生み出しています。

 

ベントナイトの安全性に関するデータは少ないですが、下記のような記事が見つかりました。

 

その記事内ではベントナイトの皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)に関して、化粧品として使用する際の安全性が確認されたと記載されていました。

 

 

 

加水分解コラーゲンの安全性

加水分解コラーゲンとは、水溶性コラーゲンを加水分解して抽出されるコラーゲンペプチドやコラーゲントリペプチドのことです。

 

皮膚刺激性や皮膚感作性(アレルギー性)に関して安全性が確認されています。

 

使用実績も10年以上もある成分なので、安心して使用することができます。

 

 

<皮膚刺激性の検証実験>

60名の被験者(健常皮膚50名・アレルギー皮膚10名)に対して、ウシ由来加水分解コラーゲンとブタ由来加水分解コラーゲン、魚由来加水分解コラーゲンを使用した安全性試験が行われました。

 

30%含有された各コラーゲンを左前腕に塗布する24時間閉塞パッチ適用しました。

 

皮膚刺激性を評価したところ、3つ全ての加水分解コラーゲンにおいて無刺激でした。

 

【参考文献】
Safety Assessment of Skin and Connective Tissue-Derived Proteins and Peptides as Used in Cosmetics

 

<皮膚感作性の検証実験>

50名の被験者に対して20%魚由来加水分解コラーゲン(分子量400以下)水溶液のHRIPT(皮膚刺激&皮膚感作試験)を実施したところ、全ての被験者においても皮膚感作は確認されませんでした。

 

【参考文献】
Safety Assessment of Skin and Connective Tissue-Derived Proteins and Peptides as Used in Cosmetics

 

 

グリチルリチン酸2Kの安全性

甘草

 

マメ科の植物の甘草(かんぞう)の根や茎から抽出されるグリチルリチン酸にカリウムを結合させて作られる成分です。

 

グリチルリチン酸2Kはさまざまな製品に配合されている成分で、かつ10年以上の使用実績もあり、重大な副作用や健康被害の報告はありません。

 

検証実験による安全性に関しても確認されています。

 

<検証実験>

被験者106名に対して6%のグリチルリチン酸を含むグリセリン製剤を対象にHRIPT(皮膚刺激・感作試験)をガーゼ閉塞パッチを採用して実施しました。

 

いずれの被験者においても皮膚刺激と接触感作反応の兆候は確認されませんでした。

 

【参考文献】
Final Report on the Safety Assessment of Glycyrrhetinic Acid, Potassium Glycyrrhetinate, Disodium Succinoyl Glycyrrhetinate, Glyceryl Glycyrrhetinate, Glycyrrhetinyl Stearate, Stearyl Glycyrrhetinate, Glycyrrhizic Acid, Ammonium Glycyrrhizate, Dipotassium Glycyrrhizate, Disodium Glycyrrhizate, Trisodium Glycyrrhizate, Methyl Glycyrrhizate, and Potassium Glycyrrhizinate1

 

 

初回1,980円!(先着1000名限定)

 

※キャンペーンが終了している場合はリンク先がエラーになります

 

 

 

配合されているアルコール成分の副作用・安全性

 

ジェイセルファーストジェルでは品質を維持するために複数のアルコール成分も配合されています。

 

アルコール成分は刺激性の心配などがありますが、ジェイセルファーストジェルに配合されているアルコール成分はそのような恐れはありません。

 

 

BGの安全性

アセトアルデヒドのアルドール縮合物を水素添加して抽出される多価アルコール(二価アルコール:グリコール)です。

 

ジェイセルファーストジェルでは、保湿剤として使用されています。

 

優れた吸湿性と保水性があるため、さまざまな化粧品に使用されています。

 

10年以上の使用実績がある成分で、健康被害の報告もないので安心して使用することができます。

 

<検証実験>

200名(男性80人、女性120人)のボランティアに50%のブチレングリコール水溶液0.9mLを、二の腕に24時間閉塞パッチテストを週に3回のペースで合計15回行いました。

 

そして2週間の休息期間を置いて24時間の閉塞パッチテストを実施したところ、どのボランティアにも皮膚刺激性や皮膚感作性の反応は確認されませんでした。

 

【参考文献】
「Final Report on the Safety Assessment of Butylene Glycol Hexylene Glycol Ethoxydiglycol and Dipropylene Glycol」International Journal of Toxicology(4)(5),223-248.

 

 

プロパンジオールの安全性

プロパンジオールは糖を発酵させて抽出される多価アルコール(二価アルコール:グリコール)のことです。

 

ジェイセルファーストジェルでは保湿作用や抗菌・防腐目的で配合されています。

 

プロパンジオールは長年の使用実績があり、重大な副作用や健康被害も報告されていません。

 

海外では安全性に関する検証実験も行われています。

 

<検証実験>

100名の被験者を対象にして、5%と25%、50%含有したプロパンジオール水溶液のRIPT(累積刺激および皮膚感作試験)を実施しました。

 

どの被験者も全ての濃度に対して皮膚刺激や皮膚感作反応は確認されませんでした。

 

【参考文献】
Safety Assessment of Alkane Diols as Used in Cosmetics

 

 

ペンチレングリコールの安全性

ペンチレングリコールは多価アルコールの一種で、保湿作用に優れています。

 

ジェイセルファーストジェルでは保湿作用や抗菌・防腐目的で配合されています。

 

化学合成成分ということで安全性が気になりますが、長年の使用実績があり、多くの化粧品にも使用されているので安心して下さい。

 

マンダムが実施した安全性試験では、しっかりと安全性が確認されています。

 

<マンダムの安全性試験>

70名の健常被験者からピリピリとした皮膚刺激における感受性の高い7名を抽出し、この7名を対象にしてペンチレングリコールを配合した製品とパラベンを配合した製品を頬部に塗布しました。

 

そして、皮膚刺激性を独自の皮膚刺激スコアで評価したところ、パラベン配合製品が1.3であるのに対してペンチレングリコール配合製品は0.4であり、ほとんど皮膚刺激性なしと判断しています。(※1.0を閾値として刺激性が強いと判定)

 

【参考記事】
マンダムによる独自技術保湿成分[アルカンジオール]の抗菌性を応用した防腐剤フリー(無添加)処方の化粧品を実現

 

 

ソルビトールの安全性

ソルビトールはグルコースを還元して抽出される糖アルコール(糖類)のことです。

 

保湿性に優れているため、ジェイセルファーストジェルでは保湿剤として配合しています。

 

ソルビトールは多くの化粧品に採用されていて、長年にわたって健康被害の報告もないことから安全性が高いと言えます。

 

また、FDAの連邦規定によると、『ソルビトールは食品添加物として制限を設けられておらず、一般的に安全性が認められている』と記載されています。

 

 

 

初回1,980円!(先着1000名限定)

 

※キャンペーンが終了している場合はリンク先がエラーになります

 

 

 

ピンク色のジェルの正体はビタミンB12です

ジェイセルのジェル

 

ジェイセルファーストジェルはピンク色をしています。

 

一見すると駄菓子などに使用されている合成着色料のような色をしていて、抵抗を感じる方もいます…。

 

実はこのピンク色の正体は『ビタミンB12(シアノコバラミ)』です。

 

合成着色料の色ではないので安心して下さい(笑)

 

ビタミンB12とは、コバルトを含有する化合物です。

 

アデノシルコバラミンやメチルコバラミン、スルフィトコバラミン、ヒドロキソコバラミン、シアノコバラミンを総称した水溶性ビタミンに分類される生理活性物質です。

 

ピンク色(赤色)をしていることから『赤いビタミン』とも呼ばれています。

 

ビタミンの一種なので、肌に塗布しても副作用の心配はありません。

 

 

 

敏感肌の場合は気を付けよう

女性

 

上述しているように、ジェイセルファーストジェルに配合されている成分はどれも安全性が確かめられていますが、敏感肌の場合は気を付けましょう。

 

敏感肌とは、ちょっとした些細な要因で肌トラブルが起こる肌質のことです。

 

敏感肌になる原因はさまざまですが、アレルギー症状やアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患が挙げられます。

 

 

キク科植物のアレルギーは要注意

 

もしあなたがキク科植物に対するアレルギーを持っている場合は少し注意して下さい。

 

ジェイセルファーストジェルにはキク科植物のカミツレエキスが配合されています。

 

キク科植物にアレルギーを持っている場合、高い確率で皮膚感作反応が起こります。

 

実際にキク科植物にアレルギーを持っている場合は、60%を超える割合で陽性反応が現れることが報告されているためです。

 

ただし、ジェイセルファーストジェルのような化粧品の原料としてキク科植物(カミツレ花エキスなど)を配合している製品の中にはアレルギーの原因物質であるセスキテルペンラクトン類を除去したものもあります。

 

キク科アレルギーを持っていて気になる場合は、直接販売メーカーに問い合わせて確認しましょう。

 

<検証実験>

キク科植物のアレルギーを有する129名の被験者に対して、2.5%含有のカミツレ花エキスを含むワセリンを2日間Finn Chamberパッチを適用しました。

 

その皮膚反応を2日〜4日にかけて、さらに可能な場合は5日〜8日にかけて評価したところ、129名のうち83人名(64%)の被験者に陽性反応が現れました。

 

また、74名の被験者に対して2.5%のカミツレ花エキスを含むワセリンをパッチテストしたところ、58名(78%)の被験者に陽性反応が現れました。

 

【参考文献】
Amended Safety Assessment of Chamomilla Recutita-Derived Ingredients as Used in Cosmetics

 

 

パッチテストをしてから使おう

女性の手

 

あなた自身が敏感肌だと自覚している場合は、パッチテスト(皮膚アレルギー試験)を実施しましょう。

 

化粧品やスキンケアメーカーが実施する場合は、48時間くらいの時間をかけて対象成分を塗布した肌反応を確認します。

 

自宅で行う場合は簡易的な方法でオッケーです。

 

ジェイセルファーストジェルを少量手に取り、腕の内側の皮膚が薄い部分に塗布して下さい。

 

朝に塗布して、夜に入浴するまでに異変が起こらなければ問題ありません。

 

翌日から通常の使い方でお肌をケアして下さい。

 

万が一、肌が赤くなったり被れたりした場合は、あなたの体質にマッチしていない恐れがあるので、使用しないようにしましょう。

 

 

 

【初回1,980円!(先着1000名限定)】
J.CELL ファーストジェル
⇒ ヒト幹細胞を利用した美容液Jcell モニター募集中!

 

※キャンペーンが終了している場合はリンク先がエラーになります

 

page top